2010年09月17日

香辛料(スパイス)について


香辛料のことについて少し勉強しました。

香辛料とスパイスは言い方が違うだけで同じ意味です。


香辛料は昔から

香り付け・味付け・色付け・消臭・防腐

などの目的に使用されてきました。


身近なものだと

塩・コショウ(ペッパー)・シナモン・ナツメグなど


凝った手作りカレーだとたくさんのスパイスを使いますね。

香辛料は料理作りはなくてはならないものになっています。


さて、この香辛料をもっと有効に活用してもらう方法があるので
いくつか紹介させてもらいますね。


ジンジャー(生姜)
肉や魚のにおい消し
いろいろな料理の薬味にも
意外や意外、紅茶やレモン水に入れてもおいしい



ターメリック(ウコン)
強肝作用
膿止の傷薬にも



シナモン(ニッキ)
ベトナム産のものが最高級
漢方では発汗・解熱・健胃などに使われ
強い抗菌作用は食中毒予防にも効果的





どうでしたか?

意外と知らないで使っていた感じしませんか^^?




ぴかぴか(新しい)フェリージ(FeLisi)は通販で

posted by しおん at 23:18| Comment(0) | ためになるお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
しおりんの日記 google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。